安全な食事づくり

お子さまを安心して預けていただくために、特に給食づくりは気をつけています。園内に調理室を設け、当日に必要な分だけ調理。栄養士がいるので、食事もバランス良く取ることが出来ます。

栄養士や調理員を配置

栄養士・調理員が常駐しています。季節の食材で子ども達の食べやすい献立に考慮しながら地産地消に心がけ、安全で安心な給食を提供しています。

栄養士や調理員を配置


子ども達からも見える大きな窓ガラスを設置

子ども達からも見える大きな窓ガラスを設置

調理室が見えるように大きな窓ガラスを設置しています。お子さまでも中の様子が見える位置に設置していますので、給食を楽しみに覗いてみたり、栄養士に手を振ってあいさつしたり、交流の場にもなっています。


安全なオール電化厨房を採用

オール電化厨房は火を使わないので火災の原因が減少し、さらに厨房内が清潔に保たれているので、安全な食事を提供する事ができます。

安全なオール電化厨房を採用


本日の献立が玄関で確認できます

保護者の方もお子さまが何を食べるか気になるものです。降園の時に保護者の方にも当日の献立が確認できるよう、玄関ホールに掲示しています。

食物アレルギー対策も行っています

食物アレルギーのお子さまには完全除去で対応しています。除去者の個人名のついたプレートも用意し、栄養士、保育教諭が連係を取り配膳を行っています。